初心者の方は、値上がり益を出すのが難しい

株でお金を稼ぐ方法には、実は4つの方法があります。

それは、値上がり益(キャピタルゲイン)、配当金(インカムゲイン)、株主優待、貸株です。

まず値上がり益(キャピタルゲイン)ですが、これは株の運用をしていくうえで最も一般的に知られているものかもしれません。

簡単に言えば、株が安い時に低いお金で買って、株が値上がって高い時に高値で売るという方法で、この差額が利益になります。

初心者の方も、これによって大きな利益を得ることができるということは知っていますよね。

ただ、どの株が値上がるかということがわからないから、どの株を買えばいいのかわからないというのが大きな問題となるところです。

初心者の方で失敗してしまうのは、この株の選び方を間違えてしまう危険性が高いことです。

配当金(インカムゲイン)は、会社が株主に会社の利益を還元することです。

持ち株数に応じて、配当金は変わります。

配当金は、年1回か2回か、またどれくらいの配当をするのかということは会社によって大きく変わります。

株主優待は、株を買ってくれた株主に会社がするお礼のようなものです。

商品券をもらえたり、会社の施設利用券をもらえたりすることが多いです。

貸株は、自分の持っている株を証券会社に貸すことで、証券会社から金利をもらうという仕組みになります。

株を持っているだけで得られる利益の他にも、銀行によっては貸株に金利をつけてくれているところもあるので、より利益を増やせるというわけですね。